うつ病にともなう微小妄想がじぶんに当てはまりすぎててたまげた件

こんにちは。タナカd|`・∀・´d|デス

去年末くらいからかなり自覚してはいたんですが、うつ病の症状が出てきまして、ここへきて七転八倒もんどりうって暴れ倒しているわけですが、先日SNSでうつ病を告白なさっている方のツイートをみていたら、こんな文言がありました。

「今日は貧困妄想が出てしまった」

と。

ぼくのばあちゃんが認知症にかかったときは、もの取られ妄想や貧困妄想が出ていましたけど、若くてもうつ病と貧困妄想がつながるのか?

探り探り考えていると、思い当たったんですよ。

ぼく、去年からずっと、じぶんの貧乏がものすごく心理的に不安だったことが。

いや、もちろんぼくは一般的に考えればコンプレックスになるくらいの貧乏ではありますけど、べつにいま現在、めちゃくちゃお金に困っているわけじゃないんです。

なのにたまにもう経済的に不安で不安でたまらなくなることがあって、じぶんでもちょっと過剰なんじゃないかと思ってたんですよね。

あー、もしかしたらもう、長い間ぼくはずっとうつ状態を低空飛行してたのかもしれないな、と気づきました。

感覚的には2年前くらいからかな。

それで、この「貧困妄想」というキーワードから、芋づる式にいろんな問題解決のとっかかりがつかめてきたような気がしました。

ようするに、ぼくのうつ病はいま始まったことじゃない。

たぶん、手を変え品を変えずっと続いていて、「きついうつ病」と「軽いうつ病」と「なにもない時期」を繰り返してる。

そう考えると、合点のいくことがおおすぎて、びっくりしました。

微小妄想からとっかかりをつかんでいく

上毛病院さんの『うつ病の症状である微小妄想について』というページには、これら貧困妄想を含む微小妄想について取り上げられています。

そこでは、じぶんの健康状態に対して不安を覚える心気妄想。

じぶんの行ったことが罪に思えてくる罪業妄想。

お金に対して心配をしてしまう貧困妄想の三つが紹介されています。

ぼく、これぜんぶ当てはまりますよ(笑)

ああ、こりゃ確定だ、と思えるレベルです。

ここ最近、健康状態に関してはずいぶんよくなって、この妄想はないんですが、以前は実際に健康不安があったので、よく爪の盛り上がり方が不吉で「死ぬんじゃないか」と不安になることがありました。

あの時期もそうだったのか、と考えてみれば、確かによくない時期ではありました。

罪業妄想と貧困妄想は、なんだかここ最近のぼくがとりわけ強く感じていたことですが、悪いパターンにはまってたんだなあ(;´Д`)

で、ぼくの場合、気分の落ち込みや食欲などよりも、これら微小妄想のほうがじぶんの中ではっきり認識できるので、妄想が落ち着いて落ち込みがない状況になれば、うつ状態から脱している、と考えていいのかもしれないと思いました。

自覚することから、じぶんを取り戻す

たぶん、微小妄想の場合はトリガーがあると思うんです。

つまり、小さな要因から大きな妄想にとりつかれるパターンが多いんではないかと思うんですよ。

その小さな要因に関しては実際に起こっていることだから、それを根拠として妄想をふくらませていく。

根拠があるので、妄想だとは思えないんですね。ただ、おそらく話を聞いた人は、「ちょっとおおげさじゃないかな」と思うでしょうし、そういう言いにくいことも家族だったら教えてくれると思います。

まずは微小妄想のみっつの種類にあてはまる不安が押し寄せてきたときは、じぶんはうつ状態にあるんじゃないかというシグナルとして、打てる手を打っていく。

さらに、客観的にみてもらえる家族などに相談して、「じぶんはめちゃくちゃ不安なのだけども、大げさだと思う?」ということを聞いてみるようにします。

そこで感じるずれが、現実と妄想のずれということになるでしょう。

ちなみに、これら微小妄想が出ているとき、もううつは重症なんだそうです。

まいったなあ(;´Д`)

でも、病気になるのが今の時期でよかった。春までになんとか治したいものです。

心臓がバクバクするほどの不安感は、発作のようにやってくる

最近、なんとなくぐーっとふさぎこむような気分になって、特に理由もなく心臓がバクバクすることがあります。

それで10分ほど、たいへん不快な状況になって、その場にいたたまれないような、なんとかしてくれという切迫した気分になり、峠を越すとゆっくりと少しずつ危うい感じが抜けていく。

これはなんだか妙に疲れるんですね。疲れて、眠くなります。

眠れないんだけど、脳みそに眠気の膜が張ったようになります。

強い緊張が緩和したときの眠気に似ているかもしれません。

突然、なんの前触れもなしにやってくるので困ります(笑)

まとめ

こういう情報をみていると、おそらくぼくにとってはうつ病って「宿痾」だと思うんです。

もうじぶんとして生きる以上、抱えていかねば仕方ない病。

ぼくはずっとじぶんのメンタルをしっかりと把握できてはいなかったようです。

かなり長い間、軽いうつと重いうつを繰り返していたらしいなんて、思ったこともありませんでした。

昨日まで、ぼくは年末に急にずしんときたんだ、とばかり思ってましたから。

そうとわかれば、やるべきことは定まってきます。

じぶんの気持ちの落ち込みに対してもっとより敏感になることと、微小妄想のトリガーになりうる場面はできるだけ避けること。

落ち込みをふせぐ生活習慣を身につけて、積極的にバランスのとれた本来のじぶんを取り戻していくこと。

今年の目標は決まりました!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました