【春の七草探し】ホトケノザは食用にならなくて、実際に七草として食べられているタビラコは激減している!?

こんにちは。タナカd|`・∀・´d|デス

ぼく、いま愛を春の七草を探しています。

春の七草の種類ってご存じですか?

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

この7つなんですけどね。

以前、七草について調べた記事があるんですけども、そのときに、せりとすずなとすずしろだけはわかる、ということを書いたんです。

七草がゆの七草はほんとうにそのへんでそろえることができるのか?
こんにちは。タナカd|`・∀・´d|デス みなさん、先週、大みそかだったんですよ?(笑) あれ、もう年が明けて一週間経っちゃったの? 紅白とかなんだとか、わいわい盛り上がってたのに、いったいこの時間のたつ速さはなんなのだろう。...

これがせりですね。

これはかぶら。すずなですね。

こちらはだいこん。すずしろです。

すずな、すずしろはまあ間違いようがないわけですが、あとなんとかわかるのがセリだけ。

あとの4つはなんだかこれといったものがよくわからなかったんですよね。

ハコベラ発見!

そんななか、畑でニンニクの草取りをしていると、もしかしたらこれは、という草を見つけました。

そこで写真を撮影してTwitterでつぶやいてみたんですよ。

そうすると、フォロワーのよこちさんに「これはハコベではないですか」と教えていただきました。

やっぱり? やっぱりそうですよね!?(笑)

それで、畑でもう少し具体的なものを探して、写真で撮影して、ツイートをお返ししました。

よこちさんがぼくよりはるかにきれいなはこべの写真を撮影なさっていることに関しては、ノーコメントです(笑)

おじさん、「映える」の意味がわからねえんだ( ;∀;)

それはともかく、これは間違いなくはこべ(はこべら)ですね。

これは七草で食べることができて、くせもなく、お浸しにしたり、パスタに和えたりもできるそうな。

いざ見つけると、畑のあちこちに生えてるじゃないか!(笑)

これだったら、ニンニクの草取りをしている間にかごいっぱい収穫することができそうですよ(;・∀・)

なんで今まで見分けられなかったんだろう(笑) ←それはいいっこなしです

ホトケノザも発見

それで、今日はさらにほとけのざも発見したんですよ。

それも、よこちさんの画像がきっかけでしたけども。

でも、ちょっと調べてみたら、いまほとけのざといわれる植物は、食べるのに不適なんだとか!(笑)

名前はほとけのざなんですよ? で、この草もこの時期に山ほど生えてますよ。

なのに、食べられないんですって。それに、春の七草じゃないんですって(笑)

なにそのフェイク。

それで、しらべてみました。

以下はグーグルの画像検索のほとけのざの検索結果です。

ホトケノザ - Google 検索

で、以下は今、春の七草として食べられている「たびらこ(田平子)」の画像です。

たびらこ - Google 検索

なんかもう、花の色からしてぜんぜん違うじゃないですか(笑)

ほとけのざは花の色が紫色。たびらこは黄色。

葉っぱもほとけのざは、ミントのような葉脈と肉厚の葉が特徴的で、たびらこはたんぽぽみたいです。

それもそのはず、ミントもシソ科でほとけのざもシソ科。たびらこはたんぽぽとおなじキク科なんですね。

科からして違う!(笑)

そんでまた、たびらこみたいな黄色い花を咲かせる菊っぽい草は、ちょっと見つけられなかったんだなあ(;´Д`)

うーん。むずかしいなあ。春の七草探し(笑)

と、タビラコについての情報を探していると、「かわしまようこブログ」さんの『タビラコ』という記事で、たびらこについての情報が書かれていました。

『タビラコ』
タビラコ、という草を探しています。春の七草では、ホトケノザ、と呼ばれている草です。コオニタビラコという名前で呼ばれることもあります。おもに、田んぼが生育場所。…

春の七草では、ホトケノザ、と呼ばれている草です。
コオニタビラコという名前で呼ばれることもあります。

おもに、田んぼが生育場所。

除草剤をまいていない田んぼに生えているため、最近、激減した草のひとつです。

ああ、そうなのか! いま激減してる山野草だったんですね。

七草は、てっきり日本各地、どこにでもある頑健な野草ばかりだと思っていたんですが、実際には原風景の中に存在していて、現代では生きていくのがむずかしくなった野草もあるんですね。

そういう視点が抜けてたので、おおいに参考になりました。

そんな中、突然ナズナを発見

それで、外をうろうろしてたんですけど、突然見つけましたよ。

ナズナ。

白い小さな花を咲かせて、刻みの入った葉をしているということだけ頭に入れてたんですけど、突然見つかりました。

しかも、家の玄関出てすぐのところで(笑)

白い花。刻みの入った葉っぱ。間違いないでしょう!

ぼく、長いこと生きてきて、ぺんぺん草とはどういうものかというのを知らなかったんですよね。

というわけで、「ぺんぺん草くらいは見分けられる」オッサンにレベルアップすることができました!(笑)

まとめ

というわけで、個人的には春の七草、5つまではわかるようになりました。

あとはほとけのざこと「たびらこ」をみつけることと、ごぎょうですね。

このふたつはなんだか、無理な気がしてきましたよ(笑)

じつはほとけのざは、このあたりだとものすごくたくさん生えてるんですが、これが七草じゃなかったというのは残念でしたねえ(;´Д`)

しかしぼちぼちキリがないのでいったん七草探索も終わりにしますが、春の七草も、こうやって探してみるとおもしろかったです。

来年以降、また新たな気力がわいたときに、探してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました