ヤマザキの「栗蒸しようかん」が、いろいろ工夫されてて最終的においしかった件

こんにちは。タナカd|`・∀・´d|デス

年末にヤマザキの「栗蒸しようかん」を興味本位で買ってみました。100円の特売で、たいへん安かったのです。

もともと、ぎっしりとした重たいようかんは苦手なんですけど、栗が入ってるだけでちょっと、なんとなく「ああ、これならおいしそうだな」という気がしたんですよ(笑)

ホンマか?

その判断、ホンマに正しいか?(笑)

というわけで、今日はヤマザキの「栗蒸しようかん」を食べてみた感想を述べてみたいと思い(@・`ω´・)ノマス―――──――――ゥ★

とりあえず、うまかった

見出しであっさり結論を書いてみました(σ・ω・)σYO!

どうですか。

もうこの先読む必要ありませんよ(笑)

いや、でも、ただふつうにうまかったというだけではないんですよ。

ちょっといろいろ、クセは感じながらも、最終的にバランスがとれてて、美味しいよなあという感じだったんです(笑)

微妙な違和感と、納得感

これ、その「栗蒸しようかん」です。

なんか、栗感がものすごくて、おいしそうでしょう?

切ってみました。

ん、おい。なんか違和感があるぞ(笑)

栗薄くないか?(笑)

すごいな。この技術(´・ω・`)

いや、ガッカリする人もいるかもしれませんが、ぼくはこのようかんを100円で買いましたからね。

さすがに文句を言う気にはなれません。

ぼくは、むしろこの技術に感心しました(σ・ω・)σYO!

パッケージをみたら、一個の栗がしっかり埋め込まれているように見えるんですよ。

それが切ってみたら「そう見えるように丁寧に薄切りにした栗を埋め込んでいた」わけです。

これは経営努力ですよ!

実によいことじゃないですか。100円でできるギリギリの努力だと思います。

われわれはこの薄い栗にユーモアを感じこそすれ、ガッカリする理由がないのです(笑)

で、実際に食べてみました

あたたかい日本茶とともに、食べてみますよ。

ズズズズゥー。モグモグ。

ははあー。なるほど。

うん。

しっかりしたようかんなんだけど、苦手じゃない(´・ω・`)

蒸しようかんだからですかね。

ようかんってざっくり分類すると「練りようかん」「蒸しようかん」「水ようかん」があるんですよね。

練りようかんはぼくが苦手でね。フォークでも容易に切れず、ヌヌヌヌヌッって感じでゆっくり細かく刻んで、いざ口に入れて歯で噛んだ瞬間、あまりの甘さに奥歯がギーンと痛くなるようなアレです(笑)

蒸しようかんは練りようかんほどギッシリはしていないんですけど、しっかりした食べ応えがあります。

水ようかんは、たぶん好きな人が多いんじゃないでしょうか。さっぱりしていて寒天が入っているので、ざら感のあるゼリーみたいになってるんですよね。

ヤマザキの「栗蒸しようかん」は名前の通り、蒸しようかん。もしかしたらギッチリしてべたべた甘いんじゃないかと思ったんですけど、そんなことはありませんでした。

ごろっとした栗……はもちろんありません(笑)

でもきちんと栗の風味はするし、ようかんとしてもおいしい。

このお皿には4切れ入れましたけど、これで一本の1/3くらい。

それも、お茶請けだと思ったら2切れでじゅうぶんです。

つまり、ものすごくコスパが.。.:*・゚(*ゝ∀・)。.:ィィ゚.+:。

これ、オンラインストアだと300円してたんですけど、本来それくらいの値段が妥当だと思います。

その値段でも、高いとは思わないなあ。

ふだんからお茶をよく飲まれてて、お茶請けがほしいという人は、毎日和菓子屋の高級なお菓子を食べるのもなあ、という方もおられると思うんですよ。

この「栗蒸しようかん」なら、お茶請け5人前くらいになりますから、ふだん使いにちょうどいいと思います。

栗が薄いのにはびっくりしましたけど、最終的にバランスがとれてて、おいしかったんですよ(笑)

なかなかよい買い物でした。ごちそうさまでした♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました