【心の旅 その2】道の駅 しらぬか恋問 コイタくんとメイカちゃんが結ばれる場所

こんにちは♪ タナカd|`・∀・´d|デス

道の駅の地図を参考に心で道の駅をめぐる、「心の旅」シリーズも、数えること第二弾です。←まだ数える必要がない

ZENRINの「道の駅 旅案内全国地図」がおもしろすぎた件
こんにちは。タナカd|`・∀・´d|デス 「道の駅旅案内全国地図」を買った経緯 年末年始に実家に帰った時に、きょうだいが集まってわいわい遊んでたのですが、その際にメルカリの話になったんです。 ぼくはいままでメルカリをしたことがな...

北海道から沖縄まで合計で1145駅の道の駅を、ブロガーさんの情報などを頼りに、心で旅していきます。

まあふつうに考えたら、一生かけてもすべての道の駅を行くことなどできないんですが、心の旅であれば、少しずつ取り組んでいけば、全国制覇も夢じゃありません(笑)

第二回目はその名前になんだかあわい恋の匂いを感じる「道の駅 しらぬか恋問」さんです。

道の駅「しらぬか恋問」

太平洋が一望できるレストランの名物は、豚丼なのだそうです。

http://koitoi.com/

ホームページもなんだかとてもロマンチックです(笑)

白糠生まれの
柳だこ「コイタ」くんと、
九州生まれの
寿留女イカ「メイカ」ちゃん。
日本の北と南の離れた場所で
生まれたふたりは、
運命赤い糸に導かれ、
恋問海岸で出会いました。

かわいいよね(笑)

スルメイカを、寿留女イカと書くの、ものすごくいいなあ。

寿留女というのは縁起物で、「食べ物に困らないように」という意味だったり、末永いご縁を願う気持ちや、噛めば噛むほど味の出るお嫁さんになってほしいというような気持ちが込められているそうです(笑)

道の駅 しらぬか恋問
★★★★☆ · サービスエリア · 恋問40番地−3

根室本線沿い、東へ向かうと釧路市です。釧路市の北、恋問海岸の北東には、あの有名な釧路湿原が広がっています。

白糠町は、「笑顔輝く太陽の町」ということで、ホームページには町の由来が書かれてあります。

白糠町は、こんな町

我が町の『シラヌカ』という地名の語源にはいくつかの説がありますが、アイヌ語のシラリ(磯)、カ(上)やシラルカ、シラリイカで、波が磯を越えしぶきが立つ「岩磯のほとり」を指すといわれ、現在の白糠漁港に注ぐオクネップ川からシラリカップ川付近の岩磯地帯を見てつけられた地名といわれています。

あのシソ焼酎の鍛高譚は、この白糠町で栽培された赤しそを使用しているのだそうで、広大なシソ畑を写真でみましたが、とても美しいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ギフト プレゼント 焼酎 しそ焼酎 鍛高譚 たんたかたん 20度 1.8L瓶 合同酒精
価格:1643円(税込、送料別) (2020/1/10時点)

楽天で購入

 

 

そんな情報に触れつつ、「まぁ坊の気ままな旅日記」さんの『2017年6月27日「道の駅しらぬか恋問」タコ君イカさんの恋愛伝説 ( ̄ー ̄; ヒヤリ』という記事にはたくさんの写真とエピソードがありました。

2017年6月27日「道の駅しらぬか恋問」タコ君イカさんの恋愛伝説 ( ̄ー ̄; ヒヤリ - まぁ坊の気ままな旅日記
道の駅しらぬか恋問(みちのえき しらぬかこいとい)は、 北海道白糠郡白糠町にあります。 釧路市に入る手前に位置する国道38号の道の駅です。 道の駅の看板は道の駅ブログ記事の華ですから 少しでも見やすいようにと心がけて撮影しています。 この道の駅手前の国道は歩道が無く交通量は...

恋問海岸にある巨大な流木、すごいですね。きれいな海岸に一本だけ、大きな流木がどんと置かれているのは、とても不思議です。

恋問という地名は、北海道ですからアイヌ語が語源で、もともとは「激しい波が陸地を崩し、川に流れ込む」という意味なんだそうです。

……ちょっぴり激しい恋だなあ(笑)

というわけで、広大な太平洋をのぞむ道の駅しらぬか恋問は、なんともいえないロマンチックな色合いのある、素敵な道の駅ですね。

たいへんよい旅でした(笑) ごちそうさまでした♪

道の駅しらぬか恋問
北海道白糠郡白糠町恋問3丁目3番地1
TEL:01547-5-3317
1993年登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました