あのぐるぐる回して鍵をかけるネジ締まり錠が壊れたので、取り換えてみました

こんにちは。タナカd|`・∀・´d|デス

今日は、うちの縁側の木窓の鍵が壊れちゃいましてね。

といっても、もしかしたらもう知らない人もいるかもしれない、こんなタイプの鍵です。

ようするに、窓の桟と桟を、ネジで固定するという、とてもシンプルな錠です。

くるくる回す鍵、といえばまあ通じると思うんですけど、正式にはネジ締まり錠というそうな(笑)

今日はこれを交換しようじゃないか、ということで、みなさんに伝わるように書いていこうと思います。

必要なものは、交換部品とマイナスドライバー

ホームセンターに行けば、こんなふうにふつうに売られてるんですよね。

どれでもいいのなら安いやつにしようと思いますけど、もともと取り付けられていたのがいちばん右のタイプの中折れタイプなので、それを購入します。

案外、高いもんだな(笑)

さて、それを取り付けるわけですが、必要になるのはドライバーだけです。

といっても、取り付けるのに必要なネジそのものが小さいので、ちょうどいいドライバーがないと困るかもしれません。

うちの場合はでかいやつから精密なのまでそろってますが、100円均一のものをひとつ持っているだけ、というような場合は、途方に暮れることでしょう(笑)

さあ取り付けてみよう

で、こんな感じの錠を、はずしていくわけですな。

この場合はマイナスですから、マイナスドライバーでくりくりはずしていくだけ。

外側はかんたんにはずれますが、内側の凹にあたる部品は、木枠の中に食い込んでいるので、ちょっと強引にはずさねばなりません。

こんな感じになります。

左側の大きな傷は何なのだろうな。前の住人か、この家を施工した大工さんにきっとなんらかのドラマがあるのでしょう(笑)

まあ、そのへんのことは置いといて、この穴へ、あたらしい部品をはめこんでいくんですね。

はい、取り付け完了(笑)

時間にして、15分ほどの作業です。

注意点としては、古いネジ締まり錠がマイナスのネジだったのに、あたらしいネジ締まり錠はプラスのネジだったこと。

ネジ締まり錠自体の大きさは規格が決まっているようなんですが、どうもネジのプラスマイナスはどっちでもいいようで、こちらがドライバーを合わせなければなりません(笑)

といっても取り換えにはドライバーさえあればよいので、ラクなのはラクです。

あたらしいネジ締まり錠は開け閉めがスムーズにできて快適です。

具体的に教えてくれる動画などもありました

今どきのYouTubeはすごいですね。

このネジ締まり錠の取り換えも、わかりやすい動画があるのです。

引き戸ネジ締り 交換 DIY

もう、まさにぼくが今日やっていた作業とおなじ(笑)

わかりやすい動画でたいへん参考になります。

木窓は風が吹くと怖いのか

さて、ネジ締まり錠をキーワードに検索していると、「oliveのドラマ帳~風に吹かれて~」さんの『狐火とぼっとんトイレ~「鍵のかかった部屋」7話感想~』という記事が。

『狐火とぼっとんトイレ~「鍵のかかった部屋」7話感想~』
ブログネタ:朝起きて1番にしたいこと 参加中したいこと?というか・・・朝一番はトイレにいきます皆さんも?でしょう現在のトイレはウォシュレット付きの水洗トイレ…

少し引用させていただきますね。

木製窓のくるくる回す錠です。

知っていますか?覚えてますか?今でもありますか?

木製窓だから、風が吹くとカタカタと大きな音がして、

トイレに行くのがチョー怖かった思い出があります。

これ!!

木窓はそうなんですよね。

ぼくは大人になってから田舎に移住したので、木窓が風にあおられてがたがた音がするのをそこまで怖いとは思わないのだけど、子供だったら怖いだろうなあ。

ガラスが薄いので、びしゃんびしゃんガタンガタン、なんとも頼りないんですよ(笑)

別に音がするのはかまわないんだけど、割れたらかなわないんでね。

今どきのペアガラスの窓はやっぱり開け閉めもラクだし頑丈だし、いいものだなあと思いますよ。

しかしうちの縁側みたいな広いところにペアガラスの窓を取り付けたら、けっこういい値段するだろうなあ……(;´Д`)

まあ、錠も交換したし、べつにガラスが割れてるわけでもなし、当面このままでいいか(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました