今さら聞けない! 服のファスナー(チャック)ってどういう仕組みになってるの!?

こんにちは。雑記ブログ同好会のタナカd|`・∀・´d|デス

ぼくのジャケットが壊れた話

ぼくも人生折り返しくらいまできたんですけどね。

この前冬物のダウンジャケットを引っ張り出して来たら、ファスナーが壊れてしまってたんですよ。

留め具を下にして、反対側の受け具に取り付けて、それでジャーっと上げていくでしょう?

それがなにかの拍子にちょっと負荷がかかると、ジャンパーの下のつなぎ目からぶわーっと開いてしまうんですよ(笑)

こんな感じ。

留め具だけ引っ掛かって、ファスナーが開いてしまってるんです。

これじゃダメだよねえ。

使えないよねえ。

それで、もしかしたら修理もできるのかな、なんてことを考えたんですが、ぼくの裁縫技術は小学校の家庭科レベル以下です(笑)

さらにこのジャケット、大安売りで2000円くらいで買ったものなんですよね。

もう5年くらい着てるし、じゅうぶん役立ってくれました。

なにせ、安いのにめちゃくちゃ暖かいんですよ。

うちの田舎は雪が積もることがあるんですけど、除雪機を出して作業するときに、カッパの下にこのジャケットを着てました。

大雪でマイナス5度とかの日でもしのげます(笑)

もうポケットの底も敗れてきたし、あちこちほつれてるし、よくがんばってくれたよ、うん。

ところで、ファスナーはいったいどういう仕組みになってるの?

ふと思ったんですよ。

ファスナーが壊れたというけど、なにがどうなってこういうことになるのか。

そもそも、なぜファスナーは締まったり閉じたりするのか。

ぼく、これまで生きてきてマジメに考えたことがなかったんですよね(笑)

そこで、調べてみました!

ファスナーの仕組み

今回調べるあたって参考にさせていただいたのはこちらの、RELIVERSさんの『ファスナー・チャックの修理まとめ!どんなファクターでもチェック!』です。

ファスナー・チャックの修理まとめ!どんなファクターでもチェック!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター
急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、ありませんか? 『ガチッ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよね。 さて、こういったファスナーの故障ですが、大抵は曲がってしまった

ぼくはさっき、留め具と受け具といいましたけど、あのファスナーの手で持つところのあれは、「スライダー」という部品なのだそうな。

で、あのギザギザしたかみ合わせの部分は「エレメント」というそうです。

スライダーをすべらせることで、エレメントが上下左右にしっかりと噛み合うことで、ファスナーが閉じます。逆にファスナーを閉じるときには、この噛み合わせが外れていくというわけですね。

こちらのYouTubeをみると、ファスナーの閉じる仕組みがよくわかります。

ファスナーのしくみ Y.Kuramata様 at Japan Brickfest 2016

 

ファスナーが故障する原因

長年ファスナーを使っていると、布が噛んだ時に強く引っ張ったり、ふだんの生活での負荷などで、エレメントの一部がゆるんだり、スライダーが変形したりするそうです。

そうなると、スライダーを引っ張ってもうまくエレメントが噛み合わず、不具合が起きてしまうということなんですね。

ぼくのジャケットもまったくそのとおりの症状だと思います。

ペンチで直せるそうですが、まあ、ぼくのジャケットはもう、いいかな……。←ひどい

チャック、ジッパー、ファスナー、どれ?

この疑問にもRELIVERSさんは答えていてくれてますが、より詳しく教えてくれているのがあのYKKさんの「ファスナーのなるほど」に掲載されていました。

「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違い:YKK株式会社
YKK株式会社の公式サイトです。YKKの「へー」とか「なるほど」と思えるようなマメ知識を掲載しています。

1891年に米国ホイットコム・ジャドソン氏が、靴ヒモを結ぶ不便さを解決しようと考えたものがファスナーの起源とされています。
1921年に米国のメーカーが、閉める時の「シューッ」という擬音の「Zip」からファスナーを「ジッパー」と命名し、その呼び名も浸透しました。
日本では、1927年に尾道で「巾着(きんちゃく)」からもじって、ファスナーを「チャック印」として販売したところ評判になり、「チャック」という名前が定着しました。つまり、この3つは同じものなのです。

日本の「チャック印」というのはものすごく意外でした。巾着から「チャック」という発想で、チャック印のファスナーとなったわけですか。

尾道で広まったということなんですが、広島のあのあたりはデニムが盛んな地域でしょう。そんなことも理由にあるのかなと思ったりしたのですが、どうも調べている限りそのあたりのつながりはわかりませんでした。お粗末です(笑)

ウィキペディアの「縦ファスナー」の項目ではこれまで話していたようなことがかなり具体的に書かれてあって、こちらは読み物としておもしろかったです。

線ファスナー - Wikipedia

まとめ

というわけで、今回はファスナーが壊れたことで、はじめてファスナーの仕組みや名称の意味などを知ることができました。

ありがとう。ぼくのダウンジャケット。さようなら、ダウンジャケット。長い間、お疲れさまでした! ←ひどい

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きれいに縫うための基礎の基礎 [ 水野佳子 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/12/28時点)

楽天で購入

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました