スマホとは別に、わざわざカメラを買う意味について考えてみた

こんにちは。雑記ブログ同好会のタナカです。

ずっと長いこと考えてて、なかなか理解できないことなんですけどね。

どうしてあれだけ高性能なカメラがスマホについてるのに、趣味のためのカメラを持つ方がいらっしゃるのだろうか、と。

ぼくも何年か前にミラーレス一眼を買いました

というのも、ぼくも5年ほど前にミラーレス一眼を買ったんですよ。

ペンタックスのQ10というもので、追加でレンズを買ったりなんやかんやで5万円くらい出したと思います。

けっこう張り込んだ買い物だったんですが、当時はまだスマホを持っていなかったし、きれいな写真が撮れることはおおきな魅力でした。

わざわざ植物園に行ってこんな写真を撮ったり、ね(笑)

スマホ時代のカメラの役割とはなんなのだろう

けれどそのときの写真熱は一時的なもので、2年ほどあちこち写真をとりにでかけたりして楽しんだ後、スマホを持つようになってからはあまりの手軽さに、すっかりミラーレス一眼の出番はなくなってしまいました。

今もタンスの中で、出番を待ち続けているわけで、ぼく自身も「気が向いたらまた撮影しよう」と思いながら、ずるずる時間だけが経っているという状況でして(笑)

スマホが主流のこのご時世に、どうしてもカメラでなければならないという事情というのが、ふとわからなくなるんですよ。

たとえばそれが、プロであるとか、コンテストなどに出品するために必要だとか、じぶんの見たものを表現するためにはスマホでは足りないんだというような、明確な理由がある場合はすんなり理解できるんです。

でも、トイカメラとか、写ルンですといったインスタントカメラがいまだに一定の人気を博していて、ファンがいるというような、あの心理はいったい何なんだろうと。

そういうことをずっと考えていたんですが、ふとこんなブロガーさんの記事が目につきました。

ノテボークさんの一眼レフを手放すかどうか悩んでいる話【趣味:カメラは辞めない】という記事です。

一眼レフを手放すかどうか悩んでいる話【趣味:カメラは辞めない】
一眼レフを手放して、コンデジをメイン機にしようか悩んでいます。一眼レフを手放したい理由新しいカメラがずっと欲しいんです。欲しいんですが、悩み続けた結果よくわからなくなってしまい、最終的にもう一眼レフ売ろうかな・・・という精神状態にまで追い込

この記事でシューナさんがおっしゃってること、ものすごくよくわかります。

ちょっと気合をいれて、そのためだけに動くということが、最初はそれが楽しみだったりもするのだけど、徐々に面倒くさく感じられるようになるんですよね。

でもやっぱり、一眼レフでないといけないシチュエーションもあるし、カメラ撮影をするためだけに時間を使うことの魅力もあるわけで、そりゃすんなり手放そうとは思えない気持ちはよくわかります。

写ルンですがなぜ流行るのか

2017年の記事なんですけど、BuzzFeed Newsにこんな記事がありました。

なぜ「写ルンです」はエモいのか? 女子大生に広がるブーム、専門家が語る「魔法」とは

なぜ「写ルンです」はエモいのか? 女子大生に広がるブーム、専門家が語る「魔法」とは
インスタにアップされる写真たち。流行は、衰える気配がない。

女子大生たちを中心に、使い捨てフィルムカメラ「写ルンです」の流行が続いている。

売り上げは3年前の5倍になり、Instagramのハッシュタグ「#写ルンです」には28万5千枚以上の写真がアップされている。さらには有名ブランドやアーティストがコラボをしたり、芸能人たちが写真展を開いたり。

2年ほど前に始まったブームは、衰える気配を見せていない。いったい、なぜ女子たちは「写ルンです」の「魔法」にかかるのか。このブームは、写真表現の新たな時代を切り開くことになるのだろうか。

写ルンですで撮影した写真は、なんだか独特の雰囲気があって、ぼくらの子供の時代はたいてい写ルンですで写真を撮っていましたし、今この年になって見返すと、いかにもな色味が懐かしいです。

当時はちゃんとしたカメラを持っていなくても使い捨てできたので、いわば実用品だったんですよ。

ところが現代では、トイカメラ趣味につらなるような形で写ルンですが利用されるようになってきました。

しかしあのトイカメラ趣味というのは、デジカメよりもはるかに手間がかかります。ぼくもスメナ8Mを持っていますけど、フィルムをセットするだけでもちょっとしたコツがいるし、当然撮影し終えたら写真屋さんで現像してもらわねばならないのです。

今どきデジカメなら撮影したらしっぱなしで、データはパソコンなどに放り込んで、必要なぶんだけ現像すればいいわけですが、フィルムの場合は撮り直しはできないわ、現像にお金はかかるわで、なぜデジタル社会の今、そんなストイックな楽しみ方をするのか、どうにも理由がわからないのですよ。

記事でもこのことについて触れていて、「デジカメの便利さに対する、ある種の反動」という言葉で写ルンですブームに対する心理を説明してました。

そして実際に写ルンですにはまっている人はこんなことを言います。

「連写もできないし、ノイズも入る。暗いところではうまく撮れない。フラッシュを焚くと人が浮かび上がる。そういうノスタルジーな雰囲気が、エモいです」

写ルンですが全盛だったころには、それが必要だから使っていたわけで「実用的だから使っていた」んですよ。

でも今は、「エモいから使っている」。

写ルンですにエモーショナルな要素と、面倒くささとお金がかかってもいいほどの価値を見出した女子大生たちはすごいと思います。

カメラ趣味とはそもそも、メンドウクサイものなのではないか

それでふと気づいたんですけど、カメラ趣味というのは本来メンドウクサイもので、スマホのカメラ機能は、「カメラで撮影する」ということの喜びを半分捨てているのかもしれません。

趣味というのは、お金や時間や手間をかけて楽しむもので、お金や時間や手間を惜しめばそれは趣味ではなくなって、実用になるんですよね。

そうすると、現代人はスマホのカメラを、昔の写ルンですのように「それがいちばんラクだから使う実用品」だと思っているでしょう。

でも昔の人が「それがいちばんラクだから使う実用品」は写ルンですだったわけで、今となっては時代遅れで金も手間もかかる品になってしまった。

ところがその金と手間がかかるところが、現代の女子大生によって格好の趣味として利用されるようになったというんだからおもしろいじゃないですか(笑)

それでやっぱりおなじことで、スマホとは別にデジカメをわざわざ買って使うのは、そのお金や手間にこそ趣味としての喜びがあるからなんですよね。

今回考えてみたことで、少し、カメラ趣味に対する理解が深まったように思えました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました